※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【ジュエリー選び】石から考えるヴァンクリーフ&アーペル アルハンブラ

ジュエリーコラム

ジュエリー選び、カラーストーンを選ぶ場合に何を重視しますか。色、好み、扱いやすさ、意味合い。人それぞれだと思いますが、日々に寄り添うジュエリーだからこそ、天然石の持つ意味も大切にしたいと考えています。

アルハンブラから見る天然石の種類と意味

今回は、ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラシリーズで使われる天然石について、特徴や天然石の持つ意味をまとめてみました!

▶︎オニキス

アンティークジュエリーにも見られる石。瑪瑙の1種で縞模様にないものを指します。漆黒の美しいジュエリーです。ヴァンクリーフアーペルでは、主にブラジル産の黒の深みが強い純粋なオニキスを厳選して使用されているそうです。古くから、魔除けなどに用いられたことから、厄除けにもおすすめ。自身の身を守る、トラブルを遠ざける等の意味があります。

▶︎カーネリアン

カルセドニーの1種で肌に乗せると透け感でも個体差が。色味では、赤色、朱赤、オレンジ味のあるもの等個性が出る天然石です。ヴァンクリーフアーペルでは、透明度や色の均一差や厚みにおいて、厳選した天然石を使用しているそうです。こちらもアンティークでも見られる、古くから愛されてきた天然石。パワーストーンの意味もあり、成功や幸運、勝利などポジティブなエネルギーがあると言われています。

▶︎マラカイト

和名は孔雀石。その名前の様に孔雀の羽のような美しい模様が印象的です。特にヴァンクリーフアーペルでは、主にオーストラリアが産地のマラカイトを扱っており、直線的で均一な天然石を厳選して使用されているそうです。古来から魔除けのお守りとされていたこともあり、厄除けのお守りにも。美しいグリーンでヒーリング効果もあって持ち主の心を穏やかにする効果もあるとか。

◆石と特性まとめ◆

石/特性        個体差       指紋     耐久性   
オニキス        無し      つきやすい    硬度7
カーネリアン    朱赤やオレンジ  ややつきやすい  硬度6〜7

マラカイト     縞模様に特徴   つきにくい    硬度3〜4
※指紋・耐久性についてはご参考までに。ジュエリーは繊細です。

マザーオブパール

そして、中でも人気のあるマザーオブパール。色味によって、印象が異なります。

◆マザーオブパールとは

真珠を作り出す母貝のことです。

母貝の中の核は海の中で、年数を経て育っていきます。

その背景からも、出産のお守りや愛情、包容力等やさしい意味合いがあります。

▶︎ホワイトマザーオブパール

虹色の光沢が魅力。特にヴァンクリーフアーペルでは素材の均一さや虹色の光沢が美しくみられるのが特徴。

▶︎グレーマザーオブパール

柔らかなグレーに差し込む虹色の輝きが美しいです。ヴァンクリーフアーペルでは、フランス領のポリネシア産を用いているとのことです。

▶︎ゴールドマザーオブパール

絹にような輝きが美しいゴールドマザーパール。ヴァンクリーフアーペルでは、2018年から採用に。

天然石選びで気をつけること

直感(この石が好きって思うか)決して、スピリチュアルな方でありませんが、石との相性ってあると思うのです。しっくりくるとか、気分が良いとか。石に呼ばれると聞いたことがあります。

肌に乗せた印象はどうか。石の色味や透け感によって、肌写りが異なります。オンラインでも気軽にジュエリーやルースが購入できるこの頃ですが、実物を見て、実際に自分の肌にのせてみることは大切だと思います。

個体差を比べる。同じジュエリーだったとしても複数出してもらって、並べて比べみると違いが分かりやすいです。特にパールは光の入り方が違うので、アルハンブラのマザーオブパールであれば、「ピカッピカッと鏡を反射するような光り方をするもの」や「柔らかな光り方をするのか」傾けたり、照明のないところで観察してみるのと良いと思います。「自然光で見ても良いですか。」と質問するのもありです。

・地金との相性をチェック

ルースであれば、自分がどんな地金で仕立てたいのか、すでにジュエリーであれば、地金との相性を見ます。

(参考)アルハンブラシリーズの魅力

アルハンブラ コレクションの歴史 - Van Cleef & Arpels
メゾンが愛するテーマのひとつ「幸運」は、ヴァン クリーフ&アーペルの創造性を導く光として、メゾンを象徴する作品をいくつも誕生させてきました。四つ葉のクローバーが初めてメゾンのアーカイブに登場するのは1920年代のこと。木製のタリスマンやチャーム、慈愛に満ちた妖精とともに、その後何年にもわたり美しく作品を飾っていきます。...

まとめ

改めて、メゾンの天然石について整理してみますと、どの天然石も古代から愛されている天然石を使用していることや厳選された石選びを行われていることが分かりました。歴史のあるメゾンならではの作品ですね。ダイヤモンドにもいわゆる4Cがありますが同じように天然石にも、質が良いとされる基準があります。

ただ、天然石については、模様や色の好みがあると思うので、個人的には質の良さだけでなく、石を見た時の印象や肌にのせた際の馴染む感じ、(肌をきれいに見せてくれるか)などほとんど、好みで選んでいる気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました