※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【ジュエリーコラム】MIKIMOTO(ミキモト)とTASAKI(タサキ)どっち?の歴史とジュエリーの特徴比較。アイコンジュエリーも。

ジュエリーコラム

ミキモトもTASAKIも日本の歴史ある2代真珠ブランド。どちらでパールを選ぶか迷いませんか?パールをメインに扱うジュエラーですがブランドの歴史やイメージ等をジュエリー好きの私見で整理してみました。パールジュエリーを選ぶ方の参考になれば幸いです。

✔︎ミキモト・TASAKIブランドの歴史

✔︎取り扱うデザインやジュエリーの特徴

ミキモトとタサキで迷っている人の参考になれば幸いです

ミキモト(MIKIMOTO)の歴史

ミキモトは1893年に世界で初めて、真珠の創業に成功したブランドです。

明治時代から続いているのです

1899年に真珠を専門にする「御木本真珠店」を銀座にオープンし、

創始者の御木本幸吉はヨーロッパのジュエラーに負けないようなジュエリーを

作ろうと試行錯誤。最初は海外から養殖真珠に疑いの目を向けらていましたが、

1927年欧米に視察に行った際、エジソンは創始者の幸吉に

真珠の発明について讃える言葉をかけているそうです。そして、

1937年のパリ万博でも注目を集めました。

パリ万博で注目を集めた 矢車(写真許可有りです)

マリリンモンローが愛した真珠のネックレスも有名な話。世界の皇室や著名人からも愛される

数々の真珠のジュエリーを生み出しています。

マリリンモンロー来日で贈られたパール。今でもこのクラシカルなタイプのボックスは人気。

パリのヴァンドーム広場でお店を構える

宝石店が集まるパリのヴァンドーム広場において、唯一日本の店舗を構える

ジュエラーとして世界中から愛されています。


世界から信頼される日本の老舗ジュエラー

TASAKI(タサキ)歴史

1933年に創業者の父が真珠の養殖場を長崎に開く。そして、1954年に創業者 田﨑俊作が神戸市で養殖真珠加工販売業を開始。1956年有限会社田崎真珠商会設立。

戦後の真珠産業の発展に尽力した企業です。そして、1970年絶滅寸前となっていた

マベ真珠の養殖に世界で初めて成功させます。

日本、そして世界の真珠産業に大きな貢献をもたらしました。

2009年に社名を「TASAKI」に変更しています。

これが一つの大きな分岐点となりました

2010年からTASAKIのアイコンジュエリーとして、愛され続けている

「balance(バランス)」シリーズを展開し、冠婚葬祭のものと思われた

真珠に革新的な風を吹き込んだのが印象的です。モダンなジュエリーが注目を集めて、

女性誌やSNSでその人気は高まる一方です。

感度の高いパールジュエリーが人気

ミキモトの人気アイコンジュエリー

ファーストパールとして、冠婚葬祭用のパールとピアス(イヤリング)のセット

ロングセラーで20歳のお祝いや花嫁道具として人気がありますが、それ以外で

アイコンジュエリーと思われるジュエリーをピックアップしました。

昭和から続く人気のブローチ「幸福の木」

一度は見たことがあるデザインかと思いますが

パールが連なるデザインがなんとも可愛らしいです。

出典)ミキモト 公式オンライン

昭和ジュエリーでもUsed販売を見かけては、気がつくとすぐに

売れています。このパールの配置もなんとも可愛いです。


すぐ売れるのでリンク切れしちゃうのですが、グリーバーさんでは

ミキモトのUsedジュエリー豊富に扱っています。


昭和リングなんかは刻印が貝マークにMで可愛いの

エレガントなリボンモチーフ

女性らしく、優美で上品なデザインが多いのもミキモトのパールジュエリーの

特徴だと感じます。

出典)ミキモト 公式オンライン

地金でここまで柔らかな表情が出るのだと驚かされます。

出典)公式オンライン

リボンのデザインも様々。ダイヤについても高品質で素敵です。

フェミニンさや上品さも特徴。老舗や格にこだわる場合は

ミキモトかな??

タサキの人気アイコンジュエリー

次々と新作を販売しては人気となるタサキのジュエリー。

特にロングセラーとなっているのは、「バランス」「デインジャー」

タサキ バランス

ジュエリー好きは知らない人はいない、バランスシリーズ。

出典)TASAKI公式オンライン

タサキ独自の地金、SAKURAゴールドは赤みを抑えた上品な

ピンクゴールドで真珠との相性が素敵です。

出典)公式オンライン

バランスシリーズも次々と新しいデザインが生まれていて

変化しています。

タサキ デインジャー

柔和なパールと棘の相反する印象のモチーフを組み合わせたデザイン。

パールをよりカジュアルに普段使いできるデザインに昇華。

出典)タサキオンライン

こうしたデザインを高品質なパールでジュエリーとして成立させていて

素晴らしいなぁと感じます。

出典)タサキオンライン

シリーズの種類が多い!コレクションしたり

コーデのバリエも広げたいなら、タサキかな

まとめ タサキとミキモトどっち?

2つのジュエラーを歴史とデザインの特徴で比較してみました。

パールを選ぶ場合にどちらのブランドで購入しようかと

迷うかもしれません。

お祝いや記念でスタンダードなパールジュエリーを選びたい、格やブランドの

歴史を重視するのであれば、ミキモトで選ぶのも1つですし

TASAKIで選んで後々、同じブランドで様々なコレクションを選んで

コーディネートするのも楽しそうです。

どちらも本当に素敵^^

どちらも甲乙つけがたく、素敵なパールジュエリーを展開されています。

最近ではミキモトもシルバーをベースにしたジュエリーやイヤーカフなど

モダン、ジェンダーレスをキーワードにしたジュエリーを続々と発表しています。

店舗数はTASAKIが多い

店舗の数で言うとタサキが多いので、アフターフォローの受けやすさ等も

考慮しても良いかもしれませんね。

ちなみに私はミキモトのパールは持っていなくて、やはり憧れはありますね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました