※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

(2024年巡回展)コスチュームジュエリー展・京都へ行きました。内容やグッズレビューします。

ジュエリーコラム

2024年のコスチュームジュエリー巡回展は小瀧千佐子氏の貴重なコレクションより選りすぐった約450 点の作品を見ることができるのが魅力です。トリファリ、スキャパレリといった人気ブランドのほか、シャネルやディオール、フランスメゾンのデザイナーの作品もたくさん展示されています。ジュエリー好き、ファッション好きも楽しめる内容です。

コスチュームジュエリー展(京都)開催日程

開催日程 2024.2.17(土) 〜 4.14(日) 

京都文化博物館 

2024年 2月17日~4月14日

≫ 公式サイト

会場: 4・3階展示室 

私は京都会場にて。

シャネル、ディオール、スキャパレッリ—
静かに輝く自由の誇り

本展は、コスチュームジュエリーにスポットをあてた世界的にもまれな展覧会です。研究家でコレクターでもある小瀧千佐子氏の貴重なコレクションより選りすぐった約450 点の作品を通して、自由にデザインされたコスチュームジュエリーの世界をご紹介します。

引用)京都文化博物館

巡回展スケジュール(予定)

コスチュームジュエリー展は2023年10月東京からスタート。京都の後のスケジュール予定は下記の通り。愛知、栃木、北海道で巡回予定とのことです。

愛知

愛知県美術館

2024年 4月26日~6月30日

≫ 特設サイト

栃木

宇都宮美術館

2024年 9月8日~12月15日

≫ 公式サイト

北海道

札幌芸術の森美術館

2025年 4月19日~6月22日(予定)

≫ 公式サイト

詳細は公式サイト等ご確認ください



コスチュームジュエリー展レビュー

コスチュームジュエリー展は見応えたっぷりで、心躍る空間でした。1つ1つのコスチュームジュエリーは、細部まで凝ったデザインで感心してしまいました。一部、写真OKの展示がありましたので、掲載していきます。ネタバレが嫌な方はご注意ください。

コスチュームジュエリーの素材が興味深かった

素材の解説をしているコーナーがあり、勉強になりました。

こちらは、つげのブローチ。お花の部分がつげです。こっくりとした飴色になっています。

手前のブローチです。立体的な作りが素晴らしいです。

セルロイド・ベークライト

セルロイドやベークライトは古いヴィンテージジュエリーで見かける素材。

現代のプラスチックができる以前にジュエリーや宝飾品の素材として

使われてきたもの。

祖母の和装小物やブローチにも使われていたはず

現代のプラスチックよりも、温かみが感じられます。戦後少しして

作られなくなった素材です。

マルカジット

この作品は、アールデコの雰囲気がたまらないデザイン。ちなみにマルカジットを知らなくて、

帰宅後に調べると、マーカサイトのことみたい。

黄鉄鉱石を六面体にカットして、ダイヤモンドの代用品として使われていました。

ブラックダイヤみたいな雰囲気。渋くてかっこいいです。

何カットというのか、三角の山形にカットされたデザインも素敵ですね。

上のおうぎみたいな部分の石は流れるように大きいもの→小さいものにセッティング

されていたり、モチーフの繋ぎ目のデザインも凝った作りです。

カボションガラス・ルーサイト

ガラスの種類も聞いたことのない名前がたくさん出てきました。よく見かけたのは、「カボションガラス」また、「ルーサイト」も聞いたことなかったのですが、着色ができる透明な樹脂のことですって。

ユニークなデザインのブローチもたくさん。頭のブルーのラインストーンが

星留めになっているのがお茶目で可愛いです。

この筋肉が素晴らしいと思いませんか。星留めもやっぱり好き。

お花や生き物モチーフ

そして、よく目立ったのがお花や生き物のモチーフ。生き生きとカラフルなガラスや樹脂の素材で作られたブローチがたくさん見られました。

シャネルやディオールとコスチュームジュエリー

シャネルやディオールのジュエリーデザイナーの作品もたくさん展示されていて、1920〜30年代のコスチュームジュエリーが作られるようになった時代の作品を見られるのも見どころです。ドレスやシャネルツイードの展示もありました。

写真はありませんが、ヴァンクリーフ&アーペルのデザイナーのジュエリー

見られることができ、生き生きとしたお花や動物の自然モチーフのブローチなど今のジュエリーに通ずるような世界観も感じられました。

シャネルといえばカメリア

メゾングリポワはシャネルのコスチュームジュエリーに寄与したデザイナー。

メゾングリポワ ▶︎シャネル

立体的なデザインが美しいクリップやブローチが素敵でした。

ディオール

こちらは、カボションガラス、ラインストーン、メタルのネックレス。世界のセレブリティに

愛されたケネス・ジェイ・レーンの制作。ジャッキーオナシススタイル:

1960年代に流行したケネディ元米大統領の妻(ジャクリーン・ケネディ)はコスチューム

ジュエリーを愛用されていたことでも有名だそう。

ケネス・ジェイ・レーン(デザイン制作)ジャッキーオナシススタイル

ケネスジェイレーンは、ディオールのシューズを手がけていたロジェ・ヴィヴィエの

下で働き、後にニューヨークでコスチュームジュエリーの会社を創業し、

プリンセスダイアナ、エリザベステーラー、オードリヘップバーン、ジャクリーンケネディ、

セレブリティを顧客に持ったことで有名(美術館の解説より)

横から見ても素晴らしいつくり

パーティドレス、オートクチュールに合わせて作られたコスチュームジュエリーは

色使いもデザインも本当に華やかでした。

まとめ:コスチュームジュエリー展グッズ

最後にコスチュームジュエリー展のグッズについて。ポストカードやファイル、缶バッチ、トートバッグなど可愛いが止まりませんでした。

やっぱりポストカードは買ってしまいましたね^^

また、トリファリやスキャパレリのコスチュームジュエリーは実際にグッズブースで

販売されていたので、気に入ったデザインがあれば購入することも可能です。

アンティークやヴィンテージ、ファッション好きは楽しい展示だと思いますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。