※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

沖縄で赤珊瑚のネックレスをお安く購入した話。国際通りでジュエリー散歩。珊瑚(コーラル)はお守り的な意味があり、古くから沖縄では馴染みのある海の宝石。

ジュエリーコラム

沖縄の国際通りでは珊瑚(サンゴ)のジュエリーやアクセサリーを取り扱うお店が多数あり、珊瑚のネックレスやピアス、またキーホルダーなどのお土産まで探すことができます。散歩しているとたくさんの珊瑚店や宝石店に出会いました。

沖縄は珊瑚は宝として大切にされている

沖縄の珊瑚ジュエリーと価値

日本は世界的に珊瑚の名産地で有名。土佐(高知県)や奄美、沖縄、宮古島周辺で、採取されており、沖縄では珊瑚を加工したジュエリーやアクセサリーが宝石店や土産物店で販売されています。

美しい海が生み出した宝石

特に艶やかな赤い珊瑚が宝石的に価値があるとされますが、赤〜ピンク、白や可愛らしい

マーブルカラーのものなど、自然にできたものだからこそ個性があります。

沖縄では珊瑚は女性のお守りとして、古くから大切にされています。

安価なものは手軽なお土産として、外国人にも人気とのこと。

良い珊瑚も日本ではあまり人気がなく、海外へ輸出されているみたい。

なんだか、宝の持ち腐れの様に感じます。


今回は国際通りを散歩していて、ふらりと吸い寄せられるように昔ながらの珊瑚店

入ったお話です。

国際通りの珊瑚店

国際通りで珊瑚の宝石、アクセサリーを購入できるお店はたくさんありますが、私は

4店舗ほどゆっくり眺めました。特に良かったのが、国際通りの中心部に位置する

「大栄サンゴ」店さんです!

那覇市牧志1-1-1

出典)那覇市国際通り 商店街オンラインより

本物のサンゴを使ったオリジナルのアクセサリーを多数ご用意いたしております!
特別なあの人へプレゼントにいかがですか?

引用)那覇市国際通り 商店街オンライン

*珊瑚のピアスやイヤリング、ネックレスが1,000円台〜3,000円台から

販売されていて、高価なものは数万円、10万円台〜かなり幅があります

アクセサリーやお土産、少し本格的なジュエリーまで用途に合わせてお得に

探すことができます。

珊瑚もパールと同じく、価格はピンキリ!

出典)那覇市国際通り 商店街オンライン

珊瑚初心者なので、選び方がよくわからずでしたが、質問すると

気さくにお店の亭主が教えてくださいます。パールも置いてあり、

染めの有無やクオリティなど誠実に教えてくださるので信頼でき好印象です。

卸さんとの繋がりがあるので、お安くできるそう。

古くからのお店の様でデッドストック的な?かなり昭和なデザインも

あり、面白かったです。現金払いのみなので、ご注意を。


(購入品)掘り出し物を見つける楽しさ

国際通り自体は、古くからある商店街。

珊瑚自体、昭和ジュエリーによく親しまれた宝石なので千本透かしや高さのある

昭和のリングや当時の職人さんが手作りしたと思われる、小さなパールを複雑に

組んだネックレス。色々見ることができました。昭和ジュエリーが好きな人は知っている

話ですが、昭和に作られたジュエリーは本物の宝石✖︎シルバー台座にセッティングしたような

ものも多数作られているのです。

特価になっているものは共通点が

・昭和に作られたジュエリーは地金がシルバーや金メッキのものがある

・K18でないため、宝石(珊瑚やパール)は良いものでもお安く売っている

そういったものや、数万円から購入できる地金たっぷりの昭和ジュエリーも狙い目です。

▶︎色々迷いましたが赤珊瑚のペンダントを購入しました。

形や色、結構迷いました

▶︎真っ赤な珊瑚で大きさも少し小さめをチョイス。短いチェーンで

つけても可愛いと思います。

旅行中、早速着けていました。差し色になる!

こちらは特価になっており理由はトップのついた金属が

金メッキのため。他にも同じような珊瑚のペンダントトップ(K18)が私が購入した

5倍ほどの価格で売られていました5倍割増でも安いので、良いものを選びたいなと

思っていて、珊瑚の違いを尋ねてみると「ついてる金属が違うだけ!」「それは

そっち(5倍のショーケース)置いておいてもいい分」とあっけらかんと

御亭主が言っていました。結局、特価分を買いました。

手持ちのチェーンに着けようと思う

ジュエリー散歩 裏話

何店舗が巡り、割と価格交渉できることに気づきました。というか、

数万円台のものはお相手から、30%オフにするよ、40%オフにするよと

割と自由な価格幅で値下げを提案されます。(かなり割増で置いているのか??)

少し盛っていても、メイン通りのお店だと外国人旅行者なんかが、がさっと

買うのかもしれませんね。

アジアの商店街のようなノスタルジックさも

上記で紹介したお店とは別の店舗になりますが、メインロード?を外れても宝石店と出会います。

タイムスリップした様な通りも。そこには、何十年も眠ってそうなジュエリーも見られました。

価格交渉できるのかな?と思い、あるブレスレット(かなり古くてシルバーが黒くなってた)

失礼ですが少しお安くなりますか?なんてお話しして、5000円くらいの

ブレスレットを3000円にしてもらったり。

古いのが好きなのです、おばちゃんありがとう♪

「あんた、よく見つけたね〜^^ それは古いよー」「ありがとう〜」なんて

にこにこしてくださって、ほっこりしました。時間の流れが違うように

感じられました。日本らしくない買い物の仕方です。

まとめ

そんな感じでジュエリー散歩を楽しんだ私です。色々買ってみても良かったのですが

珊瑚のジュエリーはコーディネートするのに、少し敷居が高いというか

買ってもうまく身につけられるか悩ましかったのです。ボリュームのある

白珊瑚のロングネックレスをアクセサリー的にチェーンと重ねたり、

小さな珊瑚ネックレスを春はデニムシャツと合わせても可愛いいだろうなと思いました。

また次回の沖縄旅行までに、コーデを考えてお買い物できたら良いなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました