※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【一生物のジュエリー】庶民の生活に必要?ジュエリー遍歴を振り返る

ジュエリーコラム

ジュエリーに目覚めたのは20代後半で、早いか遅いかは分かりません。20代前半にジュエリーの重要性に気がついていれば、ボーナス全振りしてたかもしれません。(怖い)ごく庶民的な生活をしている私とジュエリーについて、振り返りも込めて書いてみます。

セーラームーンが好きな子供時代

私はセーラームーン世代です!ジュエリーアカウントで、ジュエリー好きとセーラームーンとの関係性を書いた時、「私もです!」との声が多数。コメント欄が盛り上がりました。子供時代はピンク色やキラキラしたものが大好きで、おもちゃのアクセサリーをたくさん着けていて(セボンスター集めていました)旅行に行けば土産物店で天然石をねだる子供時代。母曰く、「旅行に行ったら石、石言ってたよ」とのこと。博物館で鉱物図鑑や昔の装飾品を見るのも好き。貝殻とかもたくさん集めました。

伊勢志摩で買ってもらったフェイクパールの小物入れに伊勢やオーストラリア、広島での色石。

キラキラのスワロフスキーも大好きでした!

最初の出会いは色石。クラシカルなデザインが好き。

20代中頃、失恋した私(前もこんなblogを書いたような)。なんだかお守りが欲しくなり、天然石について、調べ始めました。漠然とオパールのリングが欲しいと思うように。ちなみにオパールは、「希望」「幸福」などの意味合いがあり、何より七色の遊色に関心がありました。

ふらりと訪れたageteでK14の華奢なリングを購入。これが初めての色石。ageteのクラシカルな世界観に惚れ惚れしたのを覚えています。さらにリングは目で見て自分も楽しむことができるし、自分の手が少し好きになるような感覚。(ネイルとも似ているかも)気分が明るくなるなぁと思っていました。

段々と華奢なリングを身につけることが減ってきましたが、ageteのアンティークのデザインを引き継いだり、重ね付けは今でも見ると可愛いと思います。最近、古いジュエリーが好きですが、クラシカルなデザインが好きなのは変わらない様です。

こういったミル打ちや華奢なジュエリーを好んでいました。


agete ルビーやオパールのリング

お守りの色石は手元にあるとホッとします。


本物のジュエリーが欲しい

指先を遊ぶことが楽しくなり、味を占めた私は歳を重ねても使うことができるジュエリーが欲しいと思うように。自分にとっての定番になるようなものがいい。そう思って、色々とお店をのぞきました。メゾンの雰囲気に圧倒され、ドキドキして、接客に感激して。時には相手にされず悲しい思いをしたことも。自分に見合っていないなと思っていたけど、滞在することも含めて、素敵な時間。

本物のジュエリーを身につけることで、少し背伸びすることで、上に連れて行ってくれるかもしれない。そう思っていました。

細工や素材を見ても、やっぱり簡単に手が届くブランドの作品比べて、素人目にも差は一目瞭然。メゾンでは作品と呼ばれる1つ1つのジュエリー。身につける芸術品でもあるんだなぁと思いました。

日々の生活にジュエリーは必要か

ただ、ごく庶民的な生活の私。しかも、結婚前までは病院勤めだったので、宝石を身につける機会は休日くらい。休日もパーティへ行くこともない。そんな暮らしぶりでジュエリーが必要なのか色々と考えました。でも、心踊るジュエリーを知ってしまうと、アクセサリーで気持ちが高まらなくなっていました。(誤解のないように書くと、アクセサリーは今も着けますし、素敵だと思ったら購入することもあります。)

そこで、辿り着いたのが地金のジュエリーです。石のないものはどうですか。とメゾンの店員さんにアドバイスを受けました。

石がついていないなんて、地味だと思っていた私。それは大間違いでした。ここで手にしたのがペルレのリングです。試着するとパッと指先が明るくなりました。「地金ジュエリーを身につけること=金の柔らかな光を纏うこと」だと学びました。

▶︎地金リングを選んだポイント

  • 引っ掛かりがない
  • シンプルで重ね付けにもできる
  • 鏡面仕上げで1本でも華やか
  • 細工で傷が目立ちにくい
  • カジュアルにもラグジュアリーにも

白シャツ、Tシャツとデニムにも似合うし、お呼ばれにも身につけることができる。そして、何より、シンプルな洋服に潔く1本で合わせても、ぐっと印象を引き上げてくれる。ンプルなコーディネートほど、ジュエリーが映えるし、ある・ないでは華やかさが違うことを知りました。

ブシュロンのキャトルシリーズも素敵だと思いましたが、どちらかというと直線的なイメージ。この時は曲線的なデザインを好んでおり、ペルレに落ち着いています。今もノーストレスで着用できるリングです。

古いジュエリーが気になり始める

そして、結婚を控えた私。家族(祖母)の古いジュエリーを受け継ぐことに。祖母は仕事で宝石や着物を取り扱っていたこともあり、祖母自身も宝石が好きでした。祖母のジュエリーボックスには、祖母自身が購入したものや曽祖母のリング。戦後間もない頃の宝石。職人さんの手作りの素晴らしさ。

何より、100年経っても、持ち主がいなくなっても、ジュエリーは残る。身につけることができる。そのことが結構衝撃的でした。

今では祖母から受け継いだジュエリーは宝物です。なんとなく不安になったりした時に着けると少し安心します。そんなこんなで、実家に帰るたびにどこかしらから、祖母のジュエリーやブローチを見つけては持って帰る私です。(母はあまり関心がないのです)

ジュエリーボックス シックブラウン L (鍵付き) アクセサリーケース ジュエリーボックス アクセサリーケース 大容量 ブラウン アンティーク リング ピアス 宝石箱 鍵付 【あす楽対応】
価格:4320円(税込、送料別) (2022/5/5時点)楽天で購入

まとめ

庶民にジュエリーが必要か?結論から言えば、人による!!!です。でも私にとっては、ジュエリーと生活は切り離すことができない、大切な存在です。

ジュエリーに助けられることもしばしば。

  • きちんとした装い、場所にも対応できる
  • シンプルな洋服の着回しに活用できる
  • 日々のモチベーションが上がる

基本的に日常的に身につけられるものを選びます。ふとした際に目に入るジュエリーから力をもらっていたり、お守りになったり。一生しかない人生なので、できるだけ美しいものを目にして、日々の張り合いにしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました