※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【令和4年度へ向けて開催した話】家計会議のメリット〜夫婦でお金の話しますか〜

暮らし・マネー

夫婦のお財布事情。金銭管理。周りには聞きにくいですよね。私たち夫婦は給与明細、家計簿データを持ち込み予算計画を立てます。きっかけやメリットについてお話しします。

我が家の家計会議〜家計オープンのきっかけ〜

夫からの申し出です!最初は私、渋々だったんです。私は家計管理が苦手で、時には失敗も。夫から今月◯◯っていくら〜?と聞かれても、家計簿も不十分で慌てていました。そして聞かれることもストレスに。夫は夫で私の家計管理を不安に感じていたそう。なので、お互い協力しよう!ということに。

お金の話し合い。大切にしていること。

相手を否定しない!まずはこれです。育った環境もお金の使い方、価値観も人それぞれ。自分の思い通りにコントロールはできません。お互いが納得出来る塩梅で少しずつ決めるのが良いでしょう。例えば、浪費家の割りに投資に対しては保守的な私(貯金を崩すの不安。投資で失敗してしまったら、、)に対して、投資積立額を増やしたい夫。メリットやデメリットを繰り返し話し合いました。

特に夫or妻、どちらかが向き合ってくれない場合もあると思います。

話したい方は悲しいですよね。怒りが湧くこともあるのではないでしょうか。

でも相手の気持ち、抵抗感はなぜなのか。

少しずつ紐解いていく必要があると思います。ちなみに、私自身は最初、管理されている感じ、不自由になりそうな感じが負担だったんです。その時はうまく言語化できなくて、「なんか嫌やなぁ」みたいな感覚。

相手自身がなぜ抵抗感があるのか、うまく整理できていない場合もあるでしょう。ゆっくり、寄り添ってあげて欲しいと思うのです。

わがままでしょうか??

私自身は、徐々に夫婦で金銭管理をするメリットを感じたり、別に不自由になることはない。ということが実感できたので、どんどん不安は減りました。

夫が私のペースに少しずつ合わせてくれたからだと思っています。人は自分の意思でないと心からは動けないと思います。少し時間はかかっても、相手のネガティブな気持ちに耳を傾けることが大切だと考えます。難しいけど、、

家計会議っていつ?何する?

うちは〇〇家予算会議!とか言っています。

楽しんでしたい(*^^*)♪新しい年度が始まる前にします。

そして、準備物!

昨年の給与明細(昇給後)、ボーナス額の分かるもの

家計簿(Zaimuアプリ使用)

内容は、昨年実績(家計簿)を参照しながら、食費や高熱水費、日用品費などを1項目ずつ振り返ります。お小遣いや欲しいものも、行きたい場所なども話し合えるといいですね!

そして、積立投資や貯金の比率なども協議します!

昇給タイミングで見直すこともあります〜〜

話合うメリットは

・夫婦の家計管理、認識の共有化

・夫婦の連帯感が強まる!運命共同体!

・散財の防止(私目線、、)

・家計管理の負担減少(私目線、、一緒にできて楽になった)

・貯蓄率アップ!予算配分を決めてミニマムな家計に

・家計の見える化。お金の流れが把握できる。

実感できることは色々ありますが、共通認識を持つことができて、目標立てて振り返る

作業は夫婦の協力体制が高まると思うのです。

まとめ 今年度の会議どうやった?

今年度は先日、少し早めに無事終えました!昨年は投資運用額で揉めましたが、、

今年は私も投資に前向きだったので、貯蓄より投資信託の積立多めになりました。

特別支出の使い方も決めたり、割とサクサクと話し合いが進みました。してるといいなぁ。昇給。また予算配分についても書きたいなと思っています!散財防止!頑張ろ〜っ

コメント

タイトルとURLをコピーしました