※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

名護パイナップルパークの楽しみ方を徹底解説。所要時間は1時間程度。試食はないので注意!

暮らし・マネー

名護パイナップルパークは、パイナップルをテーマにした観光スポット。以前はパイナップルの試食がたくさんできたそうですが、2023年現在は中止。ひどいとの声が聞こえますが、実際訪れて感じた魅力や楽しみ方について解説します。

沖縄旅行の参考になれば幸いです

名護パイナップルパーク入場料や営業時間

パイナップルパークは有料!4歳未満は無料ですが、15歳まで600円、大人は1200円とまぁまぁ高めです。ちなみに駐車料金は無料で親切でした。


大人(16歳以上)1,200円
小人(4歳〜15歳)600円
4歳未満 無料
※2023年11月現在
所在地〒905-0005 沖縄県名護市為又1195
TEL0980-53-3659
営業時間■営業時間
 10:00~18:00(最終入園17:30)

■アナナスキッチンの営業時間
 平日 11:00~15:00
 週末 (金~日)11:00~16:00 ※祝祭日含む

■臨時休業継続店舗
・レストラン「パームツリー」
・パイナップルクラフトショップ「木絵付け体験」

ついでに立ち寄るのがおすすめ

パイナップルパーク 割引チケット

事前に行くことが決まっているなら、割引チケットがあります。

大人1200円→1080円(10%オフ)

小人600円→540円

(外部リンク)アソビュー

HISなどの旅行会社でも割引券あるみたい

パイナップルパーク 魅力

パイナップルパークって何?と思いますよね。訪れた私の印象では、「小さな植物園を楽しみつつ、パイナップルに関するお土産を買えるスポット」です。その魅力や遊び方をまとめました。

パイナップル号のアトラクション要素

パイナップルパークに行くには、入り口で入場チケットを購入して

パイナップル号に乗る必要があります。もちろん乗車は入場券で出来ます。

自動運転で進むパイナップルゴーです。

ちなみに相席になったりします。

自動運転で手入れされた植物やパイナップルの栽培を眺めながら

メインの建物に進んでいきます。

植物が好きなので結構楽しめました^^

この時、パイナップルの歌が流れるので子供は特に楽しいかも。

1つデメリット?は南国の蝶々が多いの(涙)もう蝶々だらけ。

蝶々のコーナーもあったけど、(放し飼いしてる)そこは入りませんでした。

虫の中でも蝶々が苦手なので、ちょっと怖かったです。

パイナップルパーク 食べるもの

こちらのパイナップルパークは、スイーツに力を入れている印象。

パイナップルゴーでたどり着く先は、パイナップルの

カフェやお土産やさん。

お菓子や雑貨が買えます

そして、イートインではパフェやアイス、ジュースといった定番な感じだけでなく、

パイナップルのコルネやシュークリームなど様々なお菓子を食べることが

出来ます。

焼いたパイナップルを載せたラッシー

お土産やさんや、食べるスペースが多いのです。

フロアマップとか配られなかったから、分からなかったけど

まぁまぁ広くて、お店の数が多いので一度に購入しすぎないのが

良いです^^

ちなみにスイーツですが、よくあるテーマパークのあまり美味しくなくて高いではなく、

しっかり作られている美味しいお菓子などを食べることができる!それは、

嬉しいポイントでした。

パイナップルのワイン試飲

パイナップルパークはワイナリーがあるのです!子供だけでなく、大人も完全に取り込んでいます。

お酒の種類も多いよ

パイナップルのワイン、スパークリング、そして沖縄らしいシークワーサーの

ワインも。おばちゃんが次々と勧めてくれます。

値段も二千円前後と手頃

パイナップルのワインは試飲だけでなく、ラウンジ?で飲むことも

出来ます。ジュースやノンアルコールもありました。

結構、抜かりないパイナップルパークです。値段も

せっかくだから、買おうかと思うような価格帯なので

手に取りやすいかも。今回迷いましたが、荷物を増やしたくなかったので

購入はしませんでした。

1時間くらいで十分楽しめた

まとめ パイナップルパーク総括

パイナップルパークを正直、期待せずに寄りましたが、意外と面白かったです!

シュールなパイナップルソングを聴きながら、パイナップル号に乗り込んだ時には

不安が募りましたが、帰りには「面白かった♪」と軽い気分に。

  • パイナップルパークでは熱帯植物を楽しめる
  • 好きな人にとっては南国の蝶々も見られる
  • パイナップルのお菓子やお土産が買える
  • パイナップルのスイーツが楽しめる
  • パイナップルのお酒が楽しめる

1時間程度で十分な内容なので、沖縄観光のついでに立ち寄るのに

ちょうど良いスポットでした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました