※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【使用レビュー】レンタル傘「アイカサ」の使い方とメリット解説。アイカサは紛失や盗難された場合のサポートも明確で安心。

暮らし・マネー

アイカサとは、傘のシェアリングサービスで24時間140円で傘を借りることができます。万が一アイカサを紛失したり、壊れた場合も対応が明確なので安心です。設置場所も東京、近畿の駅を中心に全国に拡大して使いやすくなっています。実際に使ってみたレビューです。

アイカサとは?

アイカサは一言でいうと「傘のレンタルサービス」で単発1回から利用可能!24時間140円で傘を借りられるのです。

ビニール傘を買うよりも低コスト

主に駅などの「アイカサスポット」でアプリを通して利用できます。

アイカサは、ビニール傘の廃棄物を減らす活動を提案しスタートしたサービス。鉄道会社・オフィスビル・大学・商業施設をはじめとする多くの企業が導入しています。マイナーなサービス?と不安になりますが、大手鉄道会社JRや私鉄などで実績があるのです。

今回、急な雨で困ったので「アイカサ」を利用した私のお話です。

アイカサの使い方!アプリ編

アイカサは専用のアプリを通して、「決済・レンタル・返却」を簡単に行うことができます。スマホを持っていて、クレジットカードやd払いができれば、利用できますよ。

まずはアプリをダウンロードしました。次に会員登録をしますが

グーグルアカウントが利用できたので、その作業はかなり省略できました。

無事に登録すると、アプリを使って使用が可能になります。

体感で数分!手間には感じなかったよ

アイカサ使い方 借りてみた編

アイカサのアプリを開くと、「借りる」「返す」の文字が出てきます。借りるを選択。

こちらはアプリの住所ですので悪しからず

QRコードを読み取る画面が出てきますので、借りたいアイカサ。

実際に設置されている箇所のQRコードを読み取ります。

ふと、見つけたアイカサ。結構、利用されているのね。

すると「24時間140円」で借りるか月額で借りるか選択できるので、

1回のみであれば、24時間を選択。

決済方法をカードかd払いを選び、私はd払いにしました。

ちなみに3ヶ月無料使い放題のコースがあるよ

すると、ロックが外れて傘を取り出せるようになります!

こんな感じでするすると、取り出すことができます

1度に1本しか取り出せないよ

返却も同じような手順で行います。「返却」を選択して、返すよ^^

画面で借りている状況も確認できるので、きちんと返却できたかも

一眼でわかるので、安心です。

アイカサのメリット!使ってみた感想

実際にアイカサを借りてみたレビュー!アイカサ、大きかったです。体の大きな男性でも

濡れる心配はないサイズ。私はお友達と1つ借りて一緒に入ることに。女性二人でも

耐えれる大きさでした。

借りたアイカサです

アイカサ レビューします

  • 気軽に傘を借りることができる
  • 操作も簡単で困った時は使おうと思えた!
  • 荷物が減るメリットもある
  • 設置場所をもっと増やしてほしい

価格もビニール傘を買うよりも抑えられるので、ありかと思いました。

旅先なんかでも、あると使用してみては??

まだ設置場所や本数がそれほどあるわけではないため、

月額にすると借りられなかったら、悲しい気持ちになりそうなので

緊急的に使用するのがいいかなと感じた個人の感想です!

アイカサ 設置場所

アイカサの設置場所は、全国にも拡大していますがまだ少なめ。

アイカサの設置場所 引用)アイカサオンライン

アイカサは徐々に進出しているけど、まだ貸出方法も統一されてなかったり

課題もありそう。

アイカサ オンラインより引用

もう少し利便性が上がるといいね

アイカサアプリを開くとGPSでアイカサ設置場所を簡単に確認できます。

お住まいのエリアが該当する場合は、一度確認してみては??

アイカサ 紛失・盗難された場合

アイカサを紛失した場合は紛失手数料864円(税込)をお支払いすることになります。アイカサの公式アプリのマイページから、紛失申請をして手続きを取ります。

明確なのは助かるね

また、盗難した場合についてはアイカサが窓口となり、警察と連携してくれます。

  • 盗難場所
  • 日時
  • 状況(傘立てに入れていたら無くなっていた)

などの状況をアイカサ窓口に連絡します。

傘の盗難はあり得ることなので、この点は私も気になっていました。できれば盗難に遭うような

状況は避けたいですが、サポート体制があることでレンタルのハードルも下がりますね。

まとめ

実際にアイカサを利用してみて、思ったより簡単に貸し出し・返却ができたので

また困った時には使ってみようと思います。

現在は返却がエリアを跨いでできないなど、あるみたいですし

そんなにたくさんの場所に置かれている訳ではないので、利用するのは

駅の行き帰りで同じ場所を通る場合などに限定されそう。。

でもこうした便利なサービスが増えるのは、ありがたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました