※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

ジュエリー購入の失敗を減らす「買う前に知りたい10のこと。」20代30代はジュエリー元年!

ジュエリーコラム

ジュエリーは高価なので買った後から「失敗したな」と後悔することは避けたいですよね。私自身が特にジュエリーを最初に買う前に知っておきたかった10のこと。リアルな体験談も踏まえて、まとめました。

ジュエリー沼民は、きっと共感してくれるはず

ジュエリー購入の前に知っておく

ジュエリーを購入する前に、いくつかのポイントを知っておくと失敗や後悔の確率が減ると思います。私自身、もし数年前に戻れるのであれば、誰か教えて欲しかったな〜と思います。ジュエリーを初めて選ぶ方や贈り物をする方の参考になれば幸いです。

ジュエリー選びは慎重に!

ジュエリーは圧倒的な種類がある

「ジュエリー」は数え切れない程に種類があります。例えば、リング、ネックレス、ブレスレットといったジュエリーのカテゴリーもそうですが、定番の1粒ダイヤのネックレスだけでも、「爪留め」「セッティング」「チェーン」で印象が異なります。

参考)左:カルティエダムール(覆輪留め) 右:ヴァンドーム青山(爪留め)

ジュエリー沼になってこそ、その違いや種類の多さを目の当たりに。

慎重にブランドごとに比較する!

地金の色味はブランドで異なる

同じK18(18金)の素材でもブランドによって、色味が異なります。18金は金の純度が75%、つまりその残りは他の金属を混ぜて作られています。従って、その配合で色味が異なるのです。特にピンクゴールドは色味の差を感じやすいです。

▶︎独自の地金をデザインしているブランドもあります

左)TASAKI sakuraゴールド    右)ヴァンクリーフ&アーペル ローズゴールド

自分の肌に合わせて、比較検討するのが大切です。

とにかく試着する。手持ちとの相性も大事

同じお洋服を何度も試着することは、少ないと思いますがジュエリーでは、複数回の試着も大切。普段着やよく身につけるジュエリーとのバランスもチェックします。

サイズ直しの有無と幅

特にリングはサイズ直しができるもの・できないものがあるので事前にお店で確認しておく方が安心。「プラスマイナス2号まで」等、具体的に教えてもらえます。サイズが変わったり、着けたい指が変わった場合も楽しめます。

購入後のことも聞いておく

指のサイズは季節で変わる

個人差がありますが「一般に夏は浮腫みやすく、冬は指が痩せてしまう」方が多いです。

私自身、夏はぴったりサイズのリングが冬はゆるゆるで落としてしまったこともあります。(後で見つかりました)試着の時間帯でも浮腫みやすい方は、微妙に指のサイズ感が異なるそうなので、時間帯を変えて試着するのも1つです。

試着のタイミング大事


⇧サイズが大きかったり緩くなったら、アジャスターが便利です。1000円未満で安心が買えます!

価格は改定される

金相場や原材料の高騰で取り扱うジュエリーの価格も定期的に変動します。特にこの数年は、毎年右肩上がり。時には改定で下がることもありますが、上昇する傾向はしばらく続きそう。増税や物価の上昇も懸念されます。

欲しいものは可能なら早く

物足りなくなる

ジュエリーが好きになると、最初はこれ1つで十分と思えた幅のリング、ダイヤの大きさも次第に慣れて「もっと大きな」「ボリュームのある」ものが欲しくなります。ジュエリーアカウントの人、統計をとっても概ね全員、相違はないと思います。

同じデザインでS・Mや石のついたデザインは大きさなど、迷うかもしれませんが、私も含めた大多数の意見で言うとボリュームのあるほうがおすすめです。

迷ったら大きい方というのも1つ

地金の選択肢を増やす

本物のジュエリー=K18一択!との意見も分かります。私自身が少し前までそう思っていました。でも肌によって似合う色やしっくりくる色味は違うもの。私はいわゆるブルベですが、K18よりもK14やK10の柔らかなゴールドが実は肌馴染みが良いです。愛用しているK10のhumバングルは職場でも身につけやすいです。

humの地金はシャンパンゴールドのような青味も感じられる色合い

地金選びも柔軟に

中古市場も視野に入れる

ジュエリーは金属なので新品仕上げをすることで、ある程度傷も綺麗になり、かなり美しくなります。昭和のボリュームリングを購入してリフォームを楽しまれる方もいらっしゃいます。選べるジュエリーの幅が広がる可能性を秘めているのが中古市場だと思っています。

許容できる範囲が増えれば面白い

ジュエリーの資産性

ジュエリーの中古市場も賑わっていますが、購入したジュエリーをいくらで買い取ってもらえると思いますか??大手の買取チェーンでは、かなり安く買い取られてしまいます(涙)それが悲しく、私はメルカリでお譲りした経験がありますが、最近は詐欺も多いそうですね。レシートのコピーや送付前の状態撮影など、販売時は対策が必要でしょう。資産としていくらか知っておくことも今後の購入を踏まえると大切だと思っています。

リセールバリューが良いのは一部ハイブランド

ジュエリーは沼深い

最初にも少し書いていますが、ジュエリーは沼深いので要注意!(注意しても仕方ないのですが)

  • 1つ手にすると、それに合わせてコーディネートしたくなる
  • シリーズやブランドで揃えたくなる
  • YGとWGの気分があって、どちらも欲しくなる
  • 新作がどんどん出てくる

そのため、気がつくと沼の中に落ちているかもしれません。私のように一般庶民であれば、

優先順位をつけないと大変なことになってしまいます。

心してジュエリーの世界へ

まとめ(ジュエリー本も紹介)

色々思い出しながら、ジュエリーを買う前に知りたかったことを書いてみました。でも実は、たくさん失敗したり、試着もして「好み」や「似合う」が少しずつ、分かってきたからこそ、こうしたことが言えるようになっています。

最初は身につけてみないと分からない

また、ジュエリーはときめきや憧れで手に取られる方が多いと思うのです。私もそうです。憧れのジュエリーを「似合わないから」「高価すぎるから」と手に取らないことの後悔もとても大きいはずです。つまり、憧れに手を伸ばすことについては、ある程度、失敗もつきものだと思っています。

▶︎こちらの書籍もおすすめです^^

所持率No1!ジュエリー界隈のバイブル

ジュエリーを揃える順番、身につけ方、選ぶ基準と読み返す度に発見がある1冊


ジュエリーアカウントで有名すぎる pepperさん

お買い物エピソード、ジュエリーとの出会い、共感しながらクスッと楽しく読める1冊


ジュエリー沼に入る前の方にお伝えできるのであれば、イメージの違いや好きなものを手にするステップとして、できれば複数のお店で比較検討しながら、たくさん身につけてお迎えされたら良いのかと思います。

ジュエリーのお店は最初は入りにくいかもしれませんが、全ては慣れなので、、遠慮なく

手にとって検討されるのが、おすすめです。素敵な出会いがありますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました