※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

カルティエのモデルチェンジ。トリニティリングSMとクラシックの違いを見てきたお話。幅感が変わってモダンにリニューアル。

ジュエリーコラム

カルティエの定番トリニティリングが2023年10月17日〜デザイン変更しモデルチェンジされました。新トリニティリングと旧デザインの違いや個人の感想レビューです。

リング幅やデザイン変更の特徴について

SMとクラシックどっちがいい?

リニューアルしたトリニティリングの幅、SMは「リング幅2.5mm」

クラシックは「リング幅3.2mm」です。

リングが重なり合ったデザインのため、SMでも幅感は出ますが

身につける指や身につけ方(重ね付けをしたいか等)で選ぶと良いと思います。

人気があるのはクラシックかな

リニューアル前のクラシックです。クラシックは3.53mmでした

クラシックは1つでボリューム感が出ます。SMを購入されて

やっぱり後からクラシックが欲しくなる人も多くいらっしゃるみたいです。

新デザインを見てきました

気になっていたトリニティリング。写真がなくて恐縮ですが

正直、ディスプレイされている姿をパッと見た感じでは

「旧デザイン(今回のリニューアル)と違いが分からない」のが正直な感想でした。

毎日身につけていて恐縮だけど。。。

リニューアル後の特徴

デザイン変更の大きな特徴は、内側も地金がぷっくりとした作り

なりました。このことで着脱時の滑りやすさが異なる様になっており、

店員さん曰く、「より密着する」「まわりにくくなる」とのことです。

リング選びのサイズ感も気をつけたいところ

地金の量も増えて価格も30%近くUPとなりました。

さらに、幅が少しスリムになっています。

クラシックは3.5mm→3.2mmにダウンしています。

SMは2.8mm→2.5mmになりました。

まとめ

新デザインですが、刻印も同じですし第一印象ではあまり変化がないなと

いう印象です。ただよ〜く比べてみると、少しスリムになったところで、

どことなくモダンな雰囲気になった気がします。同じクラシックでも以前の方が

クラシカルというか、マダム感も感じます。個人の感想です。旧デザインも


まだまだUsed市場でも見られますので、気になる方は探してみてくださいね。


▶︎トリニティリングのコーデや使用感レビューの記事は、下記検索からどうぞ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました