※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【年賀状辞めました】30代の私が友達に実際に年賀状じまいを送った文例とタイミングについて。気まずくならない伝え方。

暮らし・マネー

終活だけでなく、年賀状じまいは最近は30代や40代の比較的若い世代にも普及している様です。送るタイミングや友達と疎遠になったり、失礼にならないか心配でしたが、結果的には満足しています。

年賀状じまいの最初は心配だけど

感謝を伝える機会は他にもある

・年賀状が億劫になっている

・親しい人にはLINEするので年賀状をやめたい

・年賀状の準備や保管が面倒      そんな思いもあり、年賀状をやめました!

年賀状じまいの文例

実際に私が送った文例をご紹介します。年賀状にさらりと「今年で最後」「来年からは

出さない」と意思表示を行いました。

親しい友人宛

年賀状ありがとう。去年は◯◯だったね〜!

今年も会えるの楽しみにしてるね。

◯◯ファミリーにとって、ますます良い一年になりますように。

そうそう、年末年始はお家を離れて年賀状が見えないから

今年で年賀状じまいすることにしたよ〜!来年からはLINEでご挨拶させてね。

実際に送った例です。

親しい友人には年末年始にLINEしています

また、よく会う間柄の友人には直接、「年賀状書くのやめることにしたんよ〜」と伝えました。

私の場合は、年末年始と義実家、県外の実家を行き来するので

せっかくいただいた年賀状もお正月に見えないというところも理由に。

年賀状が繋がりの方

ちょっと言い方が難しいですが、なんとな〜く年賀状だけのやりとりになっている

仕事で出会った方や古い友人については、特に悩んでしまいました。

年賀状の付き合いを大切に思っている人もいるからね

あけましておめでとうございます♪

本年もよろしくお願いします。

毎年あっという間だけど、元気にお過ごしでしょうか。

こちらは変わらず◯◯で元気にしています。

生活の変化もあり、今年で年賀状じまいを行うことにしましたが

引き続き、よろしくしてね^^

友人宛なのでさらりと、最後に伝えました。また、私の場合は

県外に引っ越しをした事情があるので、「また帰省の時には」や

「近くに遊びにきた際には」連絡を取り合おうということも合わせて書きました。

かしこまらない方が他人行儀にならなくて良いかな

年賀状じまいのタイミング

スムーズなのは1年前に

一番書きやすいのは、年賀状を提出する前に「今年で最後にする」旨を

意思表示しておくことと良いですね。

この時のポイントとしては、あなただけではなくみんなに というのが伝わることや

引き続き、よろしくお願いしますという言葉も添えたりすると良いと思います。

年賀状じまいの葉書

もしくは、年賀状を準備する前、11月ごろに年賀状じまいの

葉書をお送りすることだと思います。

最近はライトなものから、丁寧な葉書までたくさん販売されています。


まとめ 年賀状じまいをした結果どう?

実は私の周りでは、年賀状を書く友人は年々少なくなっており

LINEでメッセージを交換することが主流になっていたので

かしこまって、年賀状じまいの葉書を出すことはありませんでした。

実際、来年から書かないことを伝えた友人からは、「じゃぁ来年からはLINEするねー^^」と

いう感じ、あとは「書きたいから、送るのは良い??」という子も。

それについては、もちろん「嬉しいからありがとう」と伝えました。

実際、見慣れた友達の字は嬉しい気持ちになる

年賀状は日本的な文化で素敵だと思いますし、届かなかったら自分から

年賀状じまいをしたのに少しだけ寂しい気持ちもしました。

でも年賀状を送ってくれる友人も年賀状+LINEだったので、それほど

違和感はなかった様です。

一つ言うとすれば、年賀状だけの付き合いになっている方については

正直連絡を取ることはなくなるかな、と思います。

ですので年賀状だけでも近況やご挨拶をしたい方には引き続き

お送りすると良いと思います。

良い年末年始をお送りしたいですね

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました