※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【好きと似合うのバランス】パーソナル診断は気にしすぎなくても良い。ジュエリーも洋服も自由に楽しみたいと思うけど、最近流行りのパーソナル診断が少し窮屈に感じる心理。

カテゴリー

こんにちは^^骨格診断やパーソナルカラー、パーソナルスタイリストなど

色々流行はあるけれど、ジュエリーもファッションも自分の好きを追求したいなぁと

思うこの頃です。雑誌では最近、当たり前のように「ウェーブさんなら、これ!」と言った具合に

骨格診断に基づくアイテムが紹介されています。窮屈な思いや悲しい思いをしたことがあるのは私だけでしょうか、、、

パーソナル診断について思うこと

客観的な似合うや理論に基づく診断は、正確かもしれません。

「そうなのかもしれないけど、、、」なんだかすごく、飽き飽きした気持ちになったり、

好きなリップ1つ買えない(いや、買っていいんだけど)なんて、窮屈に感じます。

マツコデラックスさんの、「口紅くらい、時代とか流行とかとは別に『自分はこれが好き!』」っ

言えるくらいじゃないと、、、という言葉が私は大好きです。

好きな1本はありますか??

私自身は、10代や20代にサロンモデルをしたり、してみたい髪型も色々して

今は落ち着いている気分。上質でベーシック、シンプル、削ぎ落とされた、そんなところに惹かれます。似合うも大切。でも一番は、好きや心地よさが気分です。周りにどう思われるかを

意識していた10代、20代を自然と卒業して、自分自身を穏やかな気持ちで見つめられる様になった

そんな感じです。

こんな人にはパーソナル診断は有効

もちろん、プロの手を借りる、理論に基づく診断はグッと垢抜けやおしゃれに近づく

かなり有効な手だと思います^^

  • 垢抜けたい
  • 今よりもっと綺麗になりたい
  • おしゃれだと思われたい、なりたい
  • 似合うものを知りたい
  • 似合うものが分からない
  • 客観的なアドバイスが欲しい

色々挙げられますが、似合うものを知って、おしゃれに素敵になって、お買い物の失敗も減るとすれば、メリットは大きいと思います。苦手なものだったとしても、プロの知識でうまく「似合う」に

落とし込めるとそれもまた有益な情報ですよね。でも

一番大切なことは、そのアドバイスを

自分・あなたが求めているのであれば  です。

雑誌の診断の多さと窮屈さの訳

ファッション誌やメイク雑誌にも◯◯に合うワンピース、◯◯に合うメイクと多数

紹介されていて、上記であげたように、それを求めているのであれば

参考になると思います。一方で、その反対で、◯◯だから自分には似合わないと

ラベルを張ってしまうことにも繋がるかもしれません。

好きなもの=似合うもの ではなかった場合に、診断の結果で制限されてしまうと

窮屈さや好きを否定された様な感情に繋がります。

カラー診断で溢れる最近の雑誌の多いこと、、、

ファッション誌って、もっと自由なものではなかったでしょうか〜〜

素人ながらも、溢れた情報でなんとなく、知識を得ていくことも危険だなぁと思います。

そのくらい、雑誌で目にすることは多いですね。それだけ関心を持つ人が多い=ニーズがある

んだなぁと思います。

◯◯診断はデリケート

そして、「診断」って、とてもデリケートなことです。

あなたはこうです!と言うわけですから、個人のそれも「見た目等の容姿」

持って生まれた肌や髪の色、骨格などと、いうパーソナルな領域に踏み込む状態です。

実はすごく、危険を伴うのです。

相手の心や感じ方、やわらかなところへ踏み込むのですから、

目の前の相手が、それを今、どこまで求めているのか。そこが一致しなければ、

正しさの押し付け。それはもはや、ハラスメントに近しいのではないでしょうか。

もし、骨格診断やカラー診断を受けて、なんだか嫌な思いをした人がいるとすれば、

ごく自然な感情だと思いますよ。専門職は知識を武器に持っている訳ですから、

クライアントとのパワーバランスが生じやすいのです。これは専門職側もクライアント側も

知っておくと良いことかなぁと思います。それだけで、自分の領域を守ることに繋がります。

そして、その武器をどれだけの量で、どんなタイミングで使うのかは、専門職の力量でしょうね。

パーソナル診断の歴史と今後

私が今密かに気になっていることです。パーソナル診断はここ数年で

知らない人はいないのでは?と言うくらいの認知度ですよね。でも流行り出すよりも

以前にとある美容師さんは、その勉強をしていて知識をお持ちでした。

ニューヨークで修行したとか、そんなひとです。元々パーソナルカラーの理論もアメリカで

発祥と言われている様ですね。色彩学やその歴史は戦前からとかなり古いそうで、驚きました。

骨格診断もパーソナルカラー診断も面白いと思います。知識として取り入れ、

柔軟に知性を持って付き合うことができれば、さらに素敵だなぁと

感じるこの頃です。今後のファッション誌にも注目しながら、これが日本ではブームとして

終わるのか、さらに進化する領域になっていくのか、注目したいです。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

少し辛口なblogになったかもしれません、、

今流行りの◯◯診断に物申す!みたいな〜〜

診断結果をどう受け止め、どう活用するのかも自分自身。

特にジュエリーは高価なので、似合うを知っておくことで失敗が防げるのは利点だと思います。

ただ、個人的な意見ではジュエリーはパーソナルなもの♪なので

似合うよりも、ときめきや直感、好きを大切にしています*

みんな違って、みんな素敵!そんな風にいたいです★

タイトルとURLをコピーしました