※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【徹底解説・本音レビュー】agete(アガット)の年齢層は?30代や40代が身につけるのはどう?アガットのリングやネックレス、華奢なジュエリーの評判について

ジュエリーコラム

アガットは20代〜30代に人気のブランドで、アンティーク調のシックな雰囲気が魅力です。何歳まで身につけられる?リアルな30代ミドサーの視点でまとめてみました。

▶︎この記事で分かること

ageteの年齢層や30代女性のリアルな本音と口コミ

agete(アガット) 年齢層

アガットの年齢層は、特に決まっていませんが顧客ターゲットは

20代〜30代の女性だと思われます。

・K10,K14の素材のラインナップが多め

・価格帯も数万円〜10万円に乗らないくらい

・ドラマや芸能人の着用アイテム(主人公の年齢から)

アガットは2002年に大ヒットしたドラマ「恋のチカラ」で深津絵里さん演じる籐子(30歳) が

身につけいた一粒ダイヤモンドのネックレスが注目を集め、そのブランドが知られていった

エピソードも。女性誌では2021年ごろから、オッジOggi × agete.

滝沢カレンさんが誌面で素敵にスタイリングされているのが印象的です。

30代前半くらいをターゲットにした雑誌に出ている

アガットは何歳まで?40代や50代は身につけられる?

では結局のところ、何歳まで身につけて良いのでしょうか。

ジュエリーの1つ1つも繊細で華奢な作りです。

20代の頃、愛用していたアガットルビーとオパールのリングです。

アームがとても細いのがわかりますでしょうか。ローズカットのルビーと

オパールのリングは、20代の頃に特に気に入っていたアガットのリングです。

私自身は30代になり身につけにくくなった

▶︎女性は指の節がだんだん出てくるので、こうした華奢なジュエリーが

指に負けてしまいやすくなるため、華奢なジュエリーはなんとなく

30代ごろまでのような雰囲気があります。

ただし、40歳や50歳になっても指がほっそりした方も

いらっしゃるので、素敵に身につけることもできる

30代以降の女性にアガットをプレゼントするのはどう?

正直に言います。30代以降の女性であれば、あえて華奢なジュエリーより

地金がたっぷりしたジュエリーが喜ばれる&長く身につけやすいと思います。

ジュエリーにも目が肥えてくる年代だからね〜〜

▶︎もちろん、歳を重ねても、ほっそりとした指の方もいらっしゃいますし、

太い地金リングと重ね付けて楽しむコーディネートも人気です。

突き詰めると人による!年齢や服装、ライフスタイルの変化で

身につけ方も変わってくるんだろうなぁ。

結論)好きなジュエリーはいくつになっても身につけて良い!

リアルなレビューをしてきましたが、華奢なジュエリーも年齢を

重ねるたびに身につけ方をアップデートして楽しむことも可能です。

華奢なゴールドジュエリーを投入してバランスを取る

横レイヤードで「繋ぐ」役割として身につけける

・サイズアウトしたらピンキーリングとして身につける

年齢にとらわらず、自由に大切にしていきたいですね^^

agete(アガット) どんなブランド?特徴は?

agate(アガット)は1990年に日本で生まれたブランド。

出典)アガット公式オンライン

「レトロでありながらモダン。クラシックでありながらファッション」という

デザインフィロソフィーを大切にしています。

アンティークからインスピレーションされた

クラシカルなデザインが持ち味

・色石、天然石を使った個性的あるジュエリー

・リング、ピアス、イヤリング、ネックレス様々なラインナップ

・華奢で繊細なデザインのものが多い

出典)アガットオンライン

元々、骨董通り沿いでオープンし、アンティークなども扱っていました。

クラシカルで繊細なデザイン、個性ある天然石のジュエリーを数多く生み出しています

1990年6月9日。東京・青山の骨董通り沿いに
アガット1号店がオープンし、その歴史がはじまりました。
それは、時代の変化を感じ取り、常に半歩先のジュエリーを提案してきたアガットが、
少しずつ表情を変えながら成長してきた、軌跡。

引用)アガット公式オンライン
出典)アガットオンラインショップ

今では天然石を扱うジュエリー、アクセサリーのお店やハンドメイド作品など

のクリエイターさんも増えましたが、アガットがオープンした頃は

当時ジュエリーに使用しなかったような個性的な天然石を扱うショップは

そう多くなかったと思われます。特に天然石のチャームはたくさんの種類があり、

コレクション心をくすぐります。

アンティークやクラシカルな雰囲気が好きな女性にとって

たまらない統一された世界観が魅力。

agete(アガット) 評判・魅力

▶︎アガットの世界観が好きな私が考えるアガットの魅力を3つ述べます。

アガット魅力① 重ね付けが楽しめる

華奢なデザインであること、クラシカルな雰囲気で統一されていることから

たくさん重ねても重たくならず、むしろ魅力が増します。

出典)アガット公式Instagram

シルバーのチョーカー、コインネックレスと爽やかな色石合わせや

大ぶりな天然石を主役に華奢なリングの横レイヤード

魅力②アガットはイヤリングも豊富

さらにチャームも豊富なのでピアスやイヤリング、ネックレスは幅広く

遊ぶことができます。イヤーチャームはイヤリング派にもおすすめ。

アガットのイヤーチャームとイヤリング。石はアオイライト


チャームで無限大に楽しめる^^

出典)公式Instagram

イヤリング派もピアス派も足していく楽しみが持てます。

魅力③天然石の種類が豊富

あまり他のジュエリーやアクセサリーショップで取り扱わない

天然石を扱っているので、色石との出会いもあるかもしれません。

同じデザインの作品でも1つ1つ違う表情を見せてくれるのも魅力です。

魅力④アガットはホリデー限定が可愛い

出典)アガット 公式オンライン2022ホリデーコレクション

そして、アガットのホリデーコレクションは、毎年すぐに完売

してしまうほどの人気。最近は、イヤードレスコレクションで

ピアスとイヤリングでチャームが複数ついて、アレンジが楽しめる商品が

リリースされています。

30代からのアガット

同じブランドでも例えば、デザインや素材で選んでみると

より長く身につけやすいのでないかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

K18ピンキーリング/アガット(agete)
価格:38,500円(税込、送料別) (2023/5/28時点)


▶︎アガットは華奢なアームが多いため、存在感の出るK18の素材を

選んでみたり、濃い色石のルビーブレスレットを手持ちの

ジュエリーのアクセントとして取り入れるのも良さそうです。

K18素材で存在感を出す、天然石でハイジュエリーと組み合わせて遊ぶ。

実は夏はターコイズやシルバー、ラリマーも爽やか。

シルバーだと大ぶりなもの、かつアガットのクラシカルで女性らしいデザインが

魅力です。

出典)アガット 公式Instagram

まとめ

アガットのターゲットとされる年齢層や魅力について、書いてみました。

私自身は、個人的にアガットのジュエリーを身につける頻度は年齢とともに減ったものの

(ヴィンテージやアンティークが好きになったため)

アガットでコレクションが出るたび、素敵だなぁと眺めています。


▶︎特にアンティークの雰囲気が好きだけど、Usedやそうしたジュエリーを手にすることに

抵抗がある場合もアンティークの雰囲気が楽しめて良いかもしれません。

あまり年齢にとらわれず、工夫して好きなジュエリーを楽しんでいきたいですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました