※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【ジュエリーコラム】一生もの=18金の価値観の揺らぎ。地金の選び方はもっと柔軟で良いかも。10金は嬉しくない?安っぽい?30代以降も10金や14金の選択肢。

ジュエリーコラム

一生ものジュエリーについて、今までも何度か記事にしてきました。18金であるものが良いと

記事にしてきた私。もちろん、金の純度が高いほど高価になり、資産的な価値が

高いとされます。でもジュエリーとしての価値は?グーグル先生で検索すると

「10金嬉しくない」「10金錆びる」「10金安っぽい」となんとも悲しいキーワードが

検索されました。実際はどうでしょうか。

▶︎地金選び、ジュエリー選びの参考になれば幸いです

18金ジュエリーの与える印象

▶︎18金は全体の75%が金、残りの25%が銀と銅でできている合金です。

金の純度が14金や10金に比べて高い分、黄色みが強く、よりゴールド感を楽しめます。

「華やかな」「豪華な」「エレガントな」「リッチな」そんな言葉がぴったり。

さまざまな素材がありますが、ゴールドの重厚な雰囲気がより出るのが18金だと思います。

K18バングル、K10バングル、シルバー。ちなみにチェーンブレスはK8です。

この試着バングルは、18金(YG)バングル細と10金(YG)太で結構

細さが違うのですが、18金は細くてもかなり存在感があり、ゴールド特有の貫禄が

感じられ、普段のコーデイネートもワンランクアップした印象を受けました。

K22のリング(細)ですがマリッジとペルレに重ねると雰囲気がガラリと変わる

▶︎いつ、どのように身につけるのか、どんな風になりたい(見せたい)のか

の視点=そのジュエリーを手にして得られることも視野に入れるといいと思います。

WG中心のコーディネートに小さく18金YGを取り入れるだけでも

雰囲気が変わるので面白いです。このリングはナチュラルダイヤを使っているので

よりカジュアルな雰囲気になりました。これがハイクラリティのダイヤモンドだと

また違った印象になると思います。

▶︎18金の好まれる理由は、ハイカラットゴールドだからこそ出せる華やかさ、

重厚感があることではないでしょうか。そして、ハイカラットゴールド=より金の純度の高い

ものを身につけることに価値を見出す場合、18金=本物のジュエリーと一般に

言われるのも分かると思います。

(それでも25パーセントは他の金属が混ぜられているのですから)

でも日本では9金以上で金とされているので、18金以外も実は立派な(本物の)ゴールドなのですよ。

18金ジュエリーのメリット

金の純度が高いため、アレルギーを起こしにくいのがまず1つ目の利点です。

(私もアレルギー体質なので、首周りにアレルギーが出ているときは

残念ながら、18金以外のネックレスは控えます。)

2つ目の利点は、別の金属を含む分量も少ないため、酸化しにくい=変色しづらいこと。

そのため、経年劣化しづらく世代を経て、受け継がれることも可能です。

そして、3つ目の利点として、資産的な価値も高くなることが挙げられると思います。

▶︎このメリットから、一生ものとして考える場合18金が有利だと考えていました

でも、18金も変色するし(金焼け)、他の合金に比べて金属としての強度が

弱くなるため、摩耗しやすいと言うデメリットも。果たして18金でないジュエリーは

一生ものになり得ないのでしょうか。

14金と10金の選択肢

14金は金の純度は58%、10金は金の純度42%です。

私はどちらのジュエリーも愛用しています。この中に14金のジュエリーが

1つ、10金のジュエリーが1つあります。分かりますでしょうか、

一番左のネックレスが10金、右上のリングが14金です。

14金は「柔らかなゴールド味」を楽しむことができ、かつ遠目にも

ゴールドだと分かります。10金に比べて、アレルギーが出る確率もかなり低くなります。

18金に比べて、お手軽にゴールドジュエリーを楽しみたい場合にかなりおすすめです。

比べると、この10金ネックレスはシルバーに近い感じ。14金リングはゴールド感あると思います。

▶︎肌質で18金だと、やや黄色味が強く感じられる場合に14金の

やさしいゴールドは馴染みやすいです。18金ジュエリーが似合わないと

感じられる方も14金であれば身につけやすくなるかもしれません。

▶︎ハイジュエラーでは一般に18金以上のハイカラットゴールドを取り扱っているため、

14金のジュエリー自体が流通していないことが多く、オーダーや一昔前の

ヴィンテージ、アンティーク市場が選択肢になってきます。

10金になると、割金によって色の風合いがかなり異なってきます。

humの10金は白っぽいシャンパンゴールドのような風合いが素敵

▶︎10金については、半分以上は他の金属を混ぜているわけですから、割金によって

地金の風合いの違いが出るのは、かなり自然なことだと思います。

10金だからと選択肢から外すのはもったいないかも。好きな風合いの地金と出会えたら、

手にするといいのではないか。しかも丈夫な点が普段のジュエリーに最適。これが最近の私見です。

地金ミックスコーデ

一昔前は、地金の種類や色味(ゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド)等をミックスして

楽しむことはしなかった様なのですが、今はそれぞれミックスさせるコーディネートも

かなり浸透しています。私も勉強中ですが、地金や色味の違う素材を組み合わせた

コンビのデザインだと全体でもミックスしやすいと感じます。

3色使ったトリニティリング1つあればYGコーデ・WGコーデ、どちらも活躍。
ジョージジェンセンのシルバーバングル、留め具は14金なので、さりげなく地金MIXできる。

ジュエリーに限らず「自由」「個」を重んじる文化が尊重されるようになり、

好きなものを自由に身につける」ことが自然になってきたのかもしれません。

地金を統一させるコーディネートも素敵ですが、あえて違う金属を混ぜることで

こなれた雰囲気や抜け感を出すと言うのが最近の流行の様です。

そして、ここ数年でも大人のシルバージュエリーの需要も高くなっている気がします。

出典)ティファニー公式オンライン
出典)MIKIMOTO 公式オンライン V Code

年齢を重ねると重厚感あるジュエリーが似合うようになっていくことが

多いかと思いますが、全てをゴールドにするとマダム感やバブリーな雰囲気にもなることも。

部分的にシルバーやWGを取り入れるとお洒落ですね。

インスタのジュエリーアカウントは、とても勉強になります。

また、地金ミックス、男女問わず身につけられるジュエリー、社会の流れがジュエリーにも

影響していると感じます。大人のシルバージュエリーもどんどん楽しみたいです。

まとめ

ジュエリーといえば18金一択だ!という考え方が主流だったかもしれませんが、

好きなものを好きなように身につける、性差も関係なくジュエリーを楽しむ風潮が

年々増しているような気がします。

▶︎実際に私の保有する祖母のジュエリーやアンティークは14金や10金以下の素材も多く、

年数もかなり経っているものの、令和の時代へと受け継がれています。

売却することや資産としてのゴールドであれば、ハイカラットゴールドであることは不可欠かも

しれませんが、ジュエリーとしての一生もの。その定義には金の純度はそれほど

関係ないかもしれません。むしろ摩耗には強いのが14金や10金です。アンティークやヴィンテージのゴールドジュエリー、彫りの入ったデザインなんかは、18金よりも綺麗に残っている

気がします。酸化による劣化は、例えばそのまま温泉に浸かるとかしなければ、

そんなに気にならないかと思っており、最近は金位に関わらず、気に入った色味なら、OK!

大事にお手入れしながら使えば一生物ジュエリーになると考えています。

▶︎ゴールドは新品磨きすることで、ピカピカに復活。Used市場も需要延びています。

ブランドジュエリーお得に見つけたい方、廃盤アイテムもよければ下記からどうぞ。

アクセスが集中しております

いずれにしても、今手元にあるジュエリーを大切に次の世代へ

受け継ぐことができれば幸せだと思います。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました