※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【ジュエリー】両手に指輪を重ね付け。大人がおしゃれに見える複数使いのバランスのコツと定位置問題について。色違いも素材違いも混ぜたい。

ジュエリーコラム

両手におしゃれに重ね付けた、こなれたバランスのコツが知りたい!ワンパターンに陥りがち。

アシメントリーにしたり、余白をイメージしたりと色々工夫していますが、私の手元コーデを

する際の過程について、まとめてみました。

私の手元コーデはこうして作っています

ステップ1 定位置の薬指リング

▶︎まず私の手元コーデの前提として、定位置のリングからスタート。

マリッジ+とペルレ、トリニティ。これがないとソワソワする。

ここまでは何も考えずに毎日着けてる

(左手)薬指

・ハーフエタニティ(マリッジリング)

・ヴァンクリーフ&アーペル ペルレスモール(WG)

(右手)薬指

・カルティエ トリニティリング クラシック

職場で予定があったりすると平日はこれに

時計を着けて終わりという日も

指輪を着ける指が左右対称になるのですが、

ペルレもトリニティも立体的な作りでのっぺりしないためか、

個人的には気になりません。左手は華奢、右手にボリュームUPという

イメージでこのスタイルです。


自分にとって、軸になるジュエリーとは??

ステップ2 主役リングを決める

続いて、主役リングを決めます。私はわりと大ぶりな

ジュエリーが好きです。ついつい主役リングが気になってしまうのです。

個性のあるクラックなジュエリー。ヴィンテージやアンティークが好き。

主役リングは複数づけしにくいデメリットも

そんなこんなで、その日の気分で大体は右手の中指

主役リングを身につけることが多いです。

人差し指だと少し間延びした印象になるので、

指輪をつける位置

よく手元コーデをおしゃれに見せるコツとして、「アシメントリーに

する」というポイントがありますよね。確かにそれは思います。

私の定位置ジュエリーは、左右薬指に着けているのでアシメントリーに

するには、左右どちらかの指のどこかにリングをすればOKです。

余白のバランスが大切だと思っています!

▶︎薬指と隣り合っている、中指か小指が今のベストです^^

人差し指に着けるとすると、薬指と繋ぐリングが中指にあるといいかも。

小指にもボリュームリングがあるといいんだけど、まだ

持っていません〜〜

サイズアウトすることを考えると

勇気が持てないのです

ステップ3 気分で身につけるリングをプラス

さらにその日の気分で盛ることもあります。華奢チェーンを足したり

石のついたリングをプラスしたり、ついつい着けすぎることも。

腕周りも重ねることで、雰囲気が出るように。

華奢チェーンリングで遊ぶ

パティエラのチェーンリングは、想像以上の優秀さ。

主役リングと重ねて、チェーンをチラ見せさせたり。小指に着けて

地金ミックスの橋渡し的な役割もしてくれます。


私は中指と薬指に着けています。最近お気に入りなので、推しすぎ感ありますが

お揃い購入してくれた方がSNSでコーデしてくださったりして、嬉しいです。


石のついたリングをプラス

出番の多いのはこちら。グレイッシュなナチュラルダイヤモンドの

リングとアンティークのローズカットダイヤリングです。

前列)左がローズカット、中央がナチュラルダイヤ、右がオーバルカットです。

全体的に私の好きな石はクラリティが高い!キラキラよりも

個性がある、ウルウルした石が好みです。

ヴィンテージやアンティークのミックスにも

個性ある石の方が馴染むので


グレイッシュなダイヤやブラウンダイヤが好き。


一般には価値がないとされていた内包物のある石やグレードが低いとされる石。

でもこれが好き!と出会えた石は運命を感じます。

お得に大きな石と出会えるのもラッキー!なんて、思っています。

これから足していきたいリング

そんな私の今後のジュエリーコーデ。

色石(元々ほとんど持っていない)やパールリング(コロナで遠ざかった)を

プラスして、今ワンパターンになっているコーデを

リフレッシュできればいいなと思います^^

Pinterestや雑誌などで情報収集中です

▶︎私の好きな要素&コーディネートの前提として

✔︎クラシカルな雰囲気

✔︎パキッと明るすぎない

✔︎鏡面よりはマット

✔︎ニュアンスのあるもの

が好みだと分かってきました。好きな要素をより楽しんでいくような

ジュエリーをじっくり選ぶ眼を養いたいです。

定位置問題と選ぶジュエリー

プラスしたいジュエリーがある場合に、私としては

定位置問題があるのです。

どちらかと言えば、お気に入りをじっくりと愛でたいタイプで

いつも身につけていたいです。そのことにもわりと最近気が付きました。

実はそんなにたくさん、ジュエリーは手元になくても

良いのかもしれません。一方でいつも同じになるのも

ワンパターンもつまらないという面倒なお悩みが、、、、

自由に気分で変えたらええやん〜とも思うけど

マリッジとトリニティ(祖母から)はお守り的な意味合いがあるので、

ほかのジュエリーとは少し意味合いが違うのですね。

定位置ジュエリーと仲良くできるのは必須

これ以上は(?)ルールを増やさないように気をつけて、

定位置ジュエリーと馴染む&生かして、手元コーデで遊べるのが理想です。

ジュエリーが集まってきたり、身につけたり、手放したりして

少しずつ好みが分かってきたからこそ

「活かす」と「増やす」のバランスを大切にしたいこの頃。

ブレスレットなど腕周りやピンキーなど場所を変えて色々と試してみたいです!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ぼちぼちいきましょうーー^^

タイトルとURLをコピーしました