※ 当ブログには広告が含まれています
※ 当ブログには広告が含まれています

【私の敏感肌の花粉対策】今年も保湿強化月間開始です。

ご自愛アイテム

アトピー、敏感肌、乾燥肌。毎年の様に花粉による肌荒れに悩まされる私です。花粉をブロックする日焼け止めを使用し始めて、荒れる度合いが和らぎました!同様の悩みがある方に向けて、私のスキンケアと花粉対策について、書いていきます。

①とにかく2月〜GW頃までは保湿強化月間

導入美容液を使う。コスメデコルテのモイスチャーリポソーム。

もうかれこれ、7年ほど使っています。ゴワゴワ肌、乾燥肌、状態の悪い肌にも寄り添ってくれる、私的お守りコスメNo.1です!

★ポイント10倍&割引クーポン★コスメデコルテ リポソーム アドバンスト リペアセラム 75ml【宅配便送料無料】
価格:12560円(税込、送料無料) (2022/3/18時点)

金額はお高めですが、使用するのを辞めてしまうと、いつの間にか肌のコンディションが悪くなってしまうんですよね、、スキンケアは美容液に集中投資しております。

そして、化粧水・クリーム等はオルビス。リーズナブルな価格でポイント還元も大きいこと、肌に合うことから大学生の頃からずっと使っています。年代や肌悩みに応じた、ラインナップも魅力の一つ。

化粧水はとにかく規定量の倍以上、パシャパシャつけます。そしてクリームでしっかり蓋。至って普通のプロセスですが保湿をおろそおかにすると、一気に揺らぎやすくなるので、2月下旬〜黄砂出現するG Wまではとにかく気が抜けません。

オルビス アクア トライアルセット Mタイプ 保湿タイプ / RMタイプ 高保湿タイプ 化粧水 乳液 毛穴 乾燥 キメ くすみ お試し ORBIS 公式
価格:1100円(税込、送料別) (2022/3/18時点)

②花粉をブロックするベース作り

保湿で肌が整ったら、日焼け止め、化粧下地、パウダーで花粉対策します。

日焼け止めは、またまたコスメデコルテ。

サンシェルターの大きなサイズ。

SPF5で肌に優しい処方なのも利点

花粉やPM2.5から肌を守る効果があるとされている商品を使っています。首までしっかり塗ります。

●ポイント10倍&割引クーポン●コスメデコルテ サンシェルター マルチ プロテクション 60g【定形外郵便送料無料】ギフト 誕生日 プレゼント
価格:3070円(税込、送料無料) (2022/3/18時点)

そして、化粧下地をスポット的に塗って、最後に花粉や埃が付着しにくいように、顔全体にパウダーをはたきます。

メイクですが、アイメイクは控えめに。そして、肌にあまり負担をかけたくないので、ファンデーションは使っていません。

最近の化粧下地の優秀さには感激します。ほぼファンデで良いのでは?という商品が多いですよね。

商品は肌のコンディションによって、調整しております。需要があれば、また公開しますが

下地はコスメデコルテ、パウダーはローラメルシエを愛用しています。

ローラメルシエパウダーは何種類かありますが、トランスルーセントを使用。

ほんのりマットで乾燥しづらいパウダーです。コスデコのパウダーはサラッとシルクのような完食ですがローラメルシエはどちらかというとファンデ寄り(個人の感想ですが)けど

重たく感じないのでお気に入りです。

ローラメルシエ ルースセッティングパウダー 【パフ無し】#トランスルーセント 29g laura mercier【全品送料無料】
価格:3700円(税込、送料無料) (2022/3/18時点)

③心と身体を整える

これがきっと一番大切で、なかなか難しい。私が尊敬する女優、石田ゆり子さんの著書、天然日和に「健康管理は知性」というお話があり、自分に甘くなった時に思い出しています。

健やかな肌作りにも睡眠や食事の自己管理が大切だと思います。

とはいえ、春先は自律神経のバランスを崩しやすく、新しい環境に適応しないといけなかったり、何かとストレスが大きくなる時期です。精神科にかかる患者さんも体調を崩す方が増えるのは春なんです。家事はそこそこにして、ゆったりとアロマで癒されたり、お茶したいです。ついカリカリしてしまう仕事中も、意識的に深呼吸したり、席を立ったりして、のんびりした気持ちを心がけたいところです。

④不調時はすぐに皮膚科へ

毎年、色々と心がけていますが、花粉皮膚炎になってしまうとセルフケアではカバーできません。飲み薬もあらかじめ、処方してもらっていると安心ですね。赤み、ポツポツ、かゆみ。初期の不調を感じたら、すぐに皮膚科へ行きます。早めでなくて、すぐです!!

スキンケアについてもご紹介しましたが、私自身、新しいコスメを使うのは肌の調子が良いときに、それもサンプルをもらってからにしています。アトピーがあると何でも良いわけでは無いので、違った製品を使うことのハードルが高いのです。

みなさまご自愛くださいね。花粉皮膚炎にならずに春を乗り切りたいです。